X’MAS CINETRIP / DIE HARD / ダイ・ハード

ロサンゼルス、ウエスト・サイド。20世紀フォックススタジオやバックロット跡地を再開発したオフィス街、センチュリー・シティより「ダイ・ハード」をご紹介。

ニューヨーク市警のジョン・マクレーン刑事(ブルース・ウィリス)は、クリスマス休暇を利用しLAで別居中の妻、ホリー(ボニー・ベデリア)とヨリを戻そうと、彼女が勤める日系会社のビルに出向く。ホリーとの再会を果たしたのもつかの間、ハンス・グルーバー(アラン・リックマン)とその部下達が乱入し、ビルは瞬く間に占拠される。運よく別室に居たマクレーンは発見されることなく難を逃れたが、外部との接触を断たれてしまった。たった一人の状況の中マクレーンは、パウエル巡査(レジナルド・ヴェルジョンソン)の無線サポートを励みに、テロリストとの孤独な戦いを繰り広げていく—。

この作品の見所は何と言っても大迫力のアクション。緊迫感の高いアクションシーンは思わず息を飲んでしまうほど。LAの超高層ハイテク・ビルを舞台に、死んでも死なぬタフな奴(ブルース・ウィリス)の見事なハマり役は、彼をハリウッドのスターダムへと押し上げた。

■TRAILER・トレーラー

■MUSIC・音楽

R-1119620-1193579631.jpegサントラを担当するのは、マイケル・ケイメン。「未来世紀ブラジル」や、「リーサル・ウエポン」、「007 消されたライセンス」など、誰もが知る映画の立役者。生前にはメタリカ、エアロスミス、エリック・クラプトン、デヴィッド・ボウイなど、ミュージシャンとのコラボレーションも積極的な人物として知られ、ライブやレコーディングにも参加していた。
収録曲の中でも、Beethoven symphony No.9は、本シリーズを盛り上げるのに欠かせない1曲ではないだろうか。また、ラストのWe’ve Got Each Otherは、これまで続いた興奮を落ち着かせ、有終の美を飾っている。

 

■LOCATION・ロケーション

ホリーが勤めるナカトミ・プラザの本社ビルとして登場したフォックス・プラザ。20世紀フォックスの本社ビルであるこちらの建物は、映画「ファイト・クラブ」でも登場し、映画「スピード」でも、冒頭のシーンでロビーが登場した。

ジョン・マクレーン刑事が妻に会うために使用したロサンゼル国際空港。ダイ・ハード2ではワシントン・ダレス空港が舞台になったりと、”空港”はシリーズに欠かせない場所。

■TRIVIA・トリビア

★主役のジョン・マクレーンは、映画「ダーティハリー」のハリー・キャラハンがイメージになっている。

★ハンスがコンピュータ室のガラスの仕切りを撃ち、ジョン・マクレーンが裸足でガラスの破片を通り抜ける際、本物の素足のように見えるように設計された特別なゴム靴を履いている。 そのほかいくつか見られる裸足のシーンでも、ゴム靴を着用しているので足が不自然に大きく見えている。

■DETAILS・作品詳細

作 品 名:DIE HARD/ダイ・ハード
公   開:1988
制 作 国:アメリカ
上 映 時 間:131分
監   督:ジョン・マクティアナン
キ ャ ス ト:ブルース・ウィリス/アラン・リックマン他



Share on Facebook0Pin on Pinterest0Tweet about this on TwitterShare on Tumblr0Email this to someoneShare on Google+0

COMMENT

NEW ARTICLE

ARCHIVE

Instagram#hictp

CINETRIP

© 2019 映画を旅する | CINETRIP(シネトリップ).