CTP : SUMMER VACATION / JURASSIC PARK / ジュラシック・パーク

迫力のある光景が広がるハワイの秘境ナ・パリ・コーストなど、ハワイの大自然を舞台にした恐竜映画の金字塔『ジュラシック・パーク』をご紹介。

大富豪ハモンド氏が巨費を投じ、最新のテクノジーで太古の恐竜を蘇らせたテーマ・パーク”ジュラシック・パーク”。恐竜たちが放し飼いで生息する、まさに夢の楽園。だが、オープンを控えたジュラシック・パークに、次々とトラブルが襲いかかる。嵐が迫る中、檻から解き放たれた恐竜たちは一斉に人間に牙を剥き始めた…。

当時のヒットと言えばそれは物凄く、街にはグッズが溢れ、テレビではCMが繰り返し放送され、ゲームセンターでは迫り来る恐竜たちを撃ち落とそうと子供たちが夢中になっていた。印象的なサントラも聴けば不思議とシーンが蘇り、観た者の記憶を引き出した。中でも食堂のヴェロキラプトルが迫るシーンには、公開から20年以上経った今でも子供の様にドキドキさせられる。まさに夢が現実になったような作品。

そして、生命の進化やクローン技術と言った、モラル・倫理観への問いかけが作品の後味を良い物にしている。

■TRAILER・トレーラー

■MUSIC・音楽

41XY53NB9AL

サウンドトラックを手がけるのは名実ともに映画音楽の第一人者、ジョン・ウィリアムズ。スピルバーグ映画とは切っても切れないこの巨匠が、見事なスケール感のオーケストラ・サウンドを披露。印象的なサウンドは、未知の世界「ジュラシック・パーク」へと足を踏み入れる興奮と感動を繊細なタッチで描いた”Welcome To Jurassic Park”。緊張感が張り巡らされた情景を伝える”T-Rex Rescue & Finale”。そして驚きと恐怖を乗り越えた先にある希望を照らし出すかのような壮大なエンディング曲。スーパーマン、E.T、インディージョーンズ、ヒット作の影にジョン・ウィリアムズあり!コンスタント且つ、作品のスケールを壮大に仕上げる彼の仕事振りには脱帽。

 

■LOCATION・ロケーション

『ジュラシック・パーク』は1992年8月にハワイのカウアイ島でクランク・インした。緑豊かなリゾート地は、ジュラシック・パークの風景にぴったりだった。ところが撮影から3ヶ月後、ハリケーン“イニキ“がカウアイ島に接近。時速200km近いハリケーンに見舞われたセットはめちゃくちゃになってしまった。

グラント博士とハモンド氏の2人の孫が草原でガリミムスの群れを追うティラノサウルスを見るシーンは、数多くの映画のロケ地として知られるオアフ島のクアロア・ランチトリップアドバイザーの集計によると、2017年・夏の人気のアトラクションランキングで、全米人気1位、グランドキャニオン、2位、コロラドスプリングスなどに続き、クアロア・ランチは第5位にランキング。

■TRIVIA・トリビア

★ティラノサウルスのうなり声は、犬、ペンギン、トラ、ワニ、象の音の組み合わせだった。また、卵が割れる音はアイスのコーンをが割れる音、恐竜の体を拭く音はパイナップルを拭いて演出している。

★パーク内を無人で走行するツアー車両には、1993年型フォード・エクスプローラーXLTが用いられている。なお原作版ではトヨタ ランドクルーザーの設定

☆映画では琥珀に閉じ込められた蚊の腹部の血液から恐竜のDNAを採取したことをきっかけに恐竜を再生させたが、現実的にはまだ難しい。まずは国内・海外の恐竜・博物館へ出かけて、映画の世界観を体験して見ては。

福井県立恐竜博物館

北九州いのちのたび博物館

世界の恐竜博物館10選 

 

81gxoq9RogL._SL1500_作 品 名:JURASSIC PARK / ジュラシック・パーク
公   開:127分
制 作 国:アメリカ
上 映 時 間:89分
監   督:スティーブン・スピルバーグ
キ ャ ス ト:サム・ニール/ローラ・ダン/ジェフ・ゴールドブラム

 



Share on Facebook0Pin on Pinterest0Tweet about this on TwitterShare on Tumblr0Email this to someoneShare on Google+0

COMMENT

NEW ARTICLE

ARCHIVE

Instagram#hictp

CINETRIP

© 2019 映画を旅する | CINETRIP(シネトリップ).