CTP : HUMAN RELATIONS / KRAMER VS.KRAMER / クレイマー、クレイマー

アメリカ最大の都市ニューヨーク。とりわけ超高層ビルが立ち並び「摩天楼」と呼ばる景観が象徴的なマンハッタンが舞台の『クレイマー、クレイマー』をご紹介。

テッド・クレイマー(ダスティン・ホフマン)は仕事一筋、家庭を省みない生粋のビジネスマン。ある日、昇進が決まり上機嫌で帰宅したテッドだったが、妻・ジョアンナ(メリル・ストリープ)から告げられたのは祝福ではなく、別れの言葉だった。一人息子のビリー(ジャスティン・ヘンリー)を残し家を飛び足すジョアンナを引き止める事が出来ず途方に暮れるも、時間は止まってくれるはずもなく、その日から幼い息子との不馴れな暮らしがはじまる—。

実は原題は『クレイマー vsクレイマー』で、我が子との暮らし掛けて離婚調停を繰り広げる夫婦の心の葛藤が表されている。第52回アカデミー賞はで作品賞をはじめ主要5部門を独占。なかでも最優秀主演男優賞を獲得したダスティン・ホフマンの演技に注目したい。というのも彼は本作でアドリブを多用しており、わずかな仕草で記憶に残る名シーンを作り上げている。監督から共同脚本家としてクレジット掲載を打診されたほどで、それを断っていなければダスティン・ホフマンは本作で「主演男優賞」「脚本賞」の2冠を達成していたかもしれない。監督は『俺たちに明日はない』の脚本や『プレイス・イン・ザ・ハート』『白いカラス』を手掛けたロバート・ベントン。

■TRAILER・トレーラー

■MUSIC・音楽

歯切れがよくて軽快、かわいらしいリズムが印象的な主題歌は、実はバロック後期の曲でアントニオヴィヴァルディ(1687-1741)が作曲した『マンドリン協奏曲ハ長調 RV425』だ。マンドリンとは84コース(23本を1セットに張ってある弦のことで、このセットのことをコースと呼ぶ。)のピックで奏でる弦楽器。イタリア発祥の楽器なだけあって『ゴッドファーザー愛のテーマ』でも使われている。ちなみに数多くの協奏曲を残したヴィヴァルディだが、マンドリン向けの曲は数少ない。男親による子育ての困難さ、女性の社会進出と子育ての両立の壁、離婚&親権問題etc…混沌とした社会の渦に巻き込まれる家族を描いた物語であるにも関わらず、この可憐な曲が加わることで決して重苦しい雰囲気にならず、ちいさな幸せを見つけようと生きる主人公たちの姿を爽やかに後押ししている。

■LOCATION・ロケーション

テッドとジョアンナが親権をめぐって裁判を行なったのは、『34丁目の奇跡』『ゴッドファーザー』『ウォール街』などでも御馴染みのロケ地『ニューヨーク郡裁判所』という設定だが、実際の撮影地はウォール街の中心部にある『フェデラル・ホール・ナショナル・メモリアル』。初代アメリカ大統領であるジョージ・ワシントンが宣誓した地として建てられた、アメリカ合衆国議会旧議事堂。現在は記念館として観光名所になっている。 本作の舞台となっているのはニューヨークのマンハッタン。劇中の大半は自宅とオフィスのシーンだが、ところどころに当時のニューヨークの町並みが楽しめる。たとえばテッドとビリーが遊びに行くのは“摩天楼で働くビジネスマンたちのオアシス”セントラルパーク。ジャングルジムから転落したビリーを抱えて病院へと向かうシーンがあるが、南北に4km、東西に8kmもある広大な都市公園を抜けて町中を全力疾走する父親の姿に胸を打たれる。また、ジョアンナとビリーが再開するシーンが描かれているのが、セントラルパークを代表するスポットのひとつ『ザ・モール』。

■TRIVIA・トリビア

★『クレイマー、クレイマー』の名シーンと言えば、フレンチトーストを作るシーン。今でこそ高い人気を誇るものの、実は公開当時の日本ではあまり知られていなかった料理だったそうで、本作を見てフレンチトーストを知ったという人も多かったという。NHKの番組『グレーテルのかまど』でも『クレイマー、クレイマーのフレンチトースト』として取り上げられており、そのレシピは以下の通り。

・2人分 食パン(5枚切り)…2枚 卵 …2個 砂糖 …50g 牛乳 …150ml バター …適量 作り方は、卵と砂糖と牛乳を混ぜたボウルに食パンを浸して、バターを熱したフライパンで焼くだけ。ただし、劇中では砂糖は入れていなかった。このフレンチトーストを焼くシーン、ふたり暮らし最初の朝はまったく噛み合ず失敗だらけだったのだが、最後の朝はふたりの息がぴったり。その阿吽の呼吸に、ふたりの関係の変化が印象的に描写されている。

★映画が公開された年にダスティン・ホフマン自身も実生活で離婚を経験。彼にも幼い娘がいたので、本作に対する彼の思いを深めたのかもしれない。

★イントロダクションでも前述したように、本作にはダスティン・ホフマンのアイディアとアドリブが散りばめられていて、さりげないシーンのひとつ一つが物語の奥行きを深めている。そのうちの一つが、テッドとジョアンナが喫茶店で親権を巡る話し合いをするシーン。意見が分かれて冷静さを失ったテッドが怒りのママにワイングラスを壁に叩き付けてしまうのだが、なんとこれがとっさのアドリブだったという。本当に驚いているメリル・ストリープの表情にも注目

★本作でアカデミー賞助演女優賞を獲得したメリル・ストリープ。しかし受賞後、興奮のあまりオスカー像を会場のトイレに忘れてしまうという珍事を起こしてしまった。実はオードリー・ヘップバーンやコリン・ファースもトイレにオスカー像を置き忘れたとか。

■DETAILS・作品詳細

 作 品 名:Kramer va Kramer/クレイマー、クレイマー
 公   開:1979年
 制 作 国:アメリカ
 上 映 時 間:105分
 監   督:ロバート・ベントン
 キ ャ ス ト:ダスティン・ホフマン/メリル・ストリープ



Share on Facebook0Pin on Pinterest0Tweet about this on TwitterShare on Tumblr0Email this to someoneShare on Google+0

COMMENT

NEW ARTICLE

ARCHIVE

Instagram#hictp

CINETRIP

© 2019 映画を旅する | CINETRIP(シネトリップ).