CTP : AUTUMN APPETITE / シェフ! 〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜

至高の芸術、美食、ファッションで世界中を魅了し続けるフランス・パリを舞台にした『シェフ! 〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜』をご紹介。

パリの高級三ツ星レストラン「カルゴ・ラガルド」のベテラン料理長アレクサンドルはスランプ中。さらに社長のスタニスラスが最新の分子料理を出す店に変えようと、アレクサンドルを追い出しにかかる。そんなピンチに立たされたアレクサンドルは、ふとしたきっかけで、老人ホームでペンキ塗りをしているジャッキーと出会う。彼は素晴らしい料理の腕と天才的な舌を持っているにも関わらず、真っ直ぐすぎる性格のせいで数々のレストランをクビになった若きシェフだった…。衝突しながらもお互いを信頼し始める二人。更に老人ホームの厨房で働く素人シェフ達も仲間に加わり、三ツ星レストランの存続をかけた戦いが始まる!果たして彼らは奇跡の一皿を作り上げることが出来るのか!?
問題だらけの<寄せ集めシェフ>達が高級三ツ星レストランの厨房に奇跡を起こし、名優ジャン・レノが笑いと料理でお届けする人生の三ツ星!!最高の料理の数々と随所に散りばめられたコメディも見どころ。

 

■TRAILER・トレーラー

■MUSIC・音楽

51FmhgUsmFL._SX425_軽快なステップを踏むような音楽を手掛けるのは「ライフ・イズ・ビューティフル」でアカデミー作曲賞を授賞した経緯を持つ作曲家にしてピアニストのニコラ・ピオヴァーニ。数多くの映画音楽を手掛けるニコラは、今作品でもその才能を発揮。フランス映画らしい風合いにあった独特の音色を作り上げている。どこか懐かしく心温まるメインテーマ曲”Comme un chef”、アレクサンドルの料理ショーのテレビ番組の曲としてかかるアットホームなイメージの”Les recettes du Marché d’Alexandre”などどれも映像と絶妙にリンクしている。中でも最後の戦いに挑む際にシェフみんなで買い出しに行くシーンで流れる、その緊張感を音楽で表現した力強いスローブルースな曲”She Stood Me Up”は印象に残る一曲!

■LOCATION・ロケーション

トロカデロ庭園。映画ラストのTVショーの撮影場所として使われたパリにある庭園。トロカデロ庭園やシャイヨー宮のテラスは、エッフェル塔の全身を見ることのできる唯一の場所として観光客にも大人気の場所。

フォーシーズンズ・ホテル・ジョルジュサンク・パリ「ル・サンク(Le Cinq)」。シャンゼリゼ通りの近くにある高級ホテルの中にあるレストラン。劇中でアレクサンドルが働くレストランとして撮影された。映画の中でジャッキーが「東京のフォーシーズンズの開店で使ったソースです!」と言っている場面もある。

ヌヴェール。フランス中央部ブルゴーニュ地域圏の都市。ロワール川とニエーヴル川の合流点に近い、ロワール川右岸の丘陵の斜面上に位置する。劇中でジャッキーの恋人ベアトリスの実家と設定されていた場所。ジャッキーはベアトリスを訪ねてアレクサンドルと車でヌヴェールへ行く場面がある。

■TRIVIA・トリビア

★本作劇中に登場する料理のレシピを考案したのは、パリから車で15分のヴィル・ダヴレイ村の森に囲まれたホテルの中にあるフレンチレストランレ・ゼダン・ドゥ・コロー」の実力派若手シェフ、ブノワ・ボルディエである。

★本作の日本版ブルーレイとDVDの初回生産分限定特典には、世界的な出張料理人であり料理プロデューサーの狐野扶実子氏のオリジナルレシピが封入されている。

■DETAILS・作品詳細

作 品 名:COMME UN CHEF/シェフ! 〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜
公   開:2012年
制 作 国:フランス
上 映 時 間:120分
監   督:ダニエル・コーエン
キ ャ ス ト:ジャン・レノ/ミカエル・ユーン



Share on Facebook0Pin on Pinterest0Tweet about this on TwitterShare on Tumblr0Email this to someoneShare on Google+0

COMMENT

NEW ARTICLE

ARCHIVE

Instagram#hictp

CINETRIP

© 2019 映画を旅する | CINETRIP(シネトリップ).