CTP : SUMMER VACATION / ANNIE / アニー

ニューヨーク、マンハッタン。ブロードウェイ・ミュージカルの傑作を現代風に脚色、新しい躍動感と今の時代のニューヨークを映し出した21世紀を代表するミュージカル映画『アニー』をご紹介。

携帯電話会社の社長でNY市長選挙に立候補しているスタックスは、選挙キャンペーン中に車にはねられそうになった少女を偶然助ける。その少女の名前はアニー。幼い頃にレストランに置き去りにされ、今はいじわるなハニガンの孤児施設で暮らしていた。10歳になるアニーは、毎週金曜日の夜に、そのレストランの前で迎えにくるはずのない両親を待ち続けていた。

スタックスはそんなアニーの境遇を選挙戦に利用しようと、彼女を引き取って超高層ビルの自宅で一緒に暮らし始める。アニーも自分が有名になれば両親が見つかるかもしれないという考えから、スタックスの話に乗り、協力するが、いつしかふたりの心に絆がめばえはじめ、他人に心を開かなかったスタックスはアニーの真っ直ぐな心に触れ人間らしさを取り戻していく。

人を想う心、夢をあきらめない想い。。。全ての人に語りかける感動の物語。

■TRAILER・トレーラー

■MUSIC・音楽

51rr63NAp8Lウィル・スミスとジェイ・Zがプロデューサーを努めたことでも話題となった本作。そんな二人の影響もあり音楽も豪華でいて深みのある楽曲で構成されている。主演クワベンジャネ・ウォレスが感動的に歌いあげる名曲”Tomorrow”をはじめ”It’s The Hard-Knock Life”、”Maybe”など『アニー』の名曲の数々を収録。さらにスタックス役のジェイミー・フォクスがヘリの中で、夢とニューヨークについて力強く、ソウルフルに歌いあげる”The City’s Yours”、そしてポップス界最大のヒットメイカーシーアが、音楽プロデューサーのグレッグとタッグを組み書き下ろし曲”Opportunity”は、心に思い描いてきた夢が現実に近づく瞬間の新たな想い、そして胸の高鳴りを見事に歌いあげた名曲で、「トゥモロー」のまさに第2章とも言える素晴らしい名曲。

■LOCATION・ロケーション

4 ワールドトレードセンター。4ワールドトレードセンターは2001年の同時多発テロで全壊したワールドトレードセンター跡地に建設された超高層ビル。今回はスタックスの贅沢なペントハウスの内観として使用された。

カフェ・クリュニー。グリニッチ・ヴィレッジの西12丁目にあるカフェ。両親を待つアニーが通うイタリアレストランのドマーニとして使用された。

レキシントン街。イースト・ハーレムに位置する115丁目から117丁目の間。この場所でアニーが「トゥモロー」を歌う撮影が行われた。

■TRIVIA・トリビア

★両親を待つアニーが通うイタリアレストラン「ドマーニ」の名前は、イタリア語で「明日」と言う意味を持つ。これはこのミュージカルの最も有名な歌「トゥモロー」への敬意を込めた演出だった。

★プロデューサーのジェイ・Zは、1998年にAnnie(1982年)の「It’s the Hard Knock Life」をサンプリングした、「ハード・ノック・ライフ(ゲットー・アンセム)」でヒットしている。

★ルーのお店のカウンターにご注目。ハニガン役として登場しているはずのキャメロン・ディアスの写真が飾ってある。

■DETAILS・作品詳細

8117CP6wHiL._SL1500_作 品 名:Annie/アニー
公   開:2014年
制 作 国:アメリカ
上 映 時 間:118分
監   督:ウィル・グラック
キ ャ ス ト:ジェイミー・フォックス/クワベンジャネ・ウォレス

 



Share on Facebook0Pin on Pinterest0Tweet about this on TwitterShare on Tumblr0Email this to someoneShare on Google+0

COMMENT

NEW ARTICLE

ARCHIVE

Instagram#hictp

CINETRIP

© 2019 映画を旅する | CINETRIP(シネトリップ).